一ヶ月ぶりに実家に帰り、親父は酔わせて眠らせ、母にやらせてもらう

一ヶ月ぶりの実家。親父は『何の用だ』的な反応だけ、それ以上は無関心の様だ。
母の方が少し戸惑っているのがわかった。「今日、泊って行くから」そう俺が言っても、特別に言われる事も無く、自分の部屋に早々と引き籠った。

夜、キッチンにビールを取りに行くと、母がいた。俺の姿を見て慌てて出ようとするところで・・・俺「久しぶりにやらせてよ」
母の背中に向けて言った。

母が立ち止まると、振り向いて首を振った。
母「やめて・・・馬鹿言わないで・・・」
母の反応は想定内の事だ。

俺「待ってるからね・・・適当に飲ませちゃえば平気だろう?」
親父を酔っ払わせれば、簡単には目を覚まさないことは判っている事だ。
母は何も応えずにキッチンを出た。
俺もビールを手に部屋に戻る。
部屋のテレビで、母子相姦モノの裏DVDを鑑賞しながらの一人酒だ。

夜中の12時過ぎ頃か、パジャマ姿の母が部屋の外から声をかけ、中に入って来た。
俺「寝たの?」
母に向かってそれを確認した。
母は肯いたものの、「確認して来て・・・」。
俺も心配は心配だから言われるままに様子を探りに行った。

見るまでもなく親父のデカイいびきが廊下まで聞こえていた。
部屋に引き返すと母が、「どうだった?」と聞いた。
状況を話すと少し安心した様子を見せた。

ベッドに座ったまま、そんな母を抱き寄せ、パジャマの前ボタンを外す。
俺「どうせ・・・親父とはやってないんだろう?」
母「そんなこと、貴方と関係ないでしょう」
母の乳房を揉みながら反応を窺う。

俺「そうかな?してないと・・・敏感過ぎちゃうかもよ」
母「・・・」

何も応えぬ母を尻目にパジャマの下に手を差し込む。
陰毛のさらにその下まで延ばし、割れ目に沿ってなぞり上げる。
母の身体がピクッと反応する。

(続きは下記のリンク先で)

主人は単身赴任で二人暮しの息子のオナニーを見てしまい男女の関係に

主人は単身赴任で、上の2人の娘達は結婚、今は19歳の末の息子と二人暮し。

息子は中学に入った頃から性に興味を持ち出し、ヌード写真やSM雑誌等を机の引出しの奥に隠し持つ様に成りました。

私も悪いのですが、末っ子可愛さで甘やかして過ごし、二人暮しと言う事もあり、一緒にお風呂に入る事も度々です。

あえて申しますと、息子とは男女の関係なのです。

良く週刊誌等で目にしました。まさか自分がそうなるとは。

そもそもは、息子のオナニーをみてしまったこと。

あれは。そう、主人がいない夜でした。

「入浴しなさい」と言うために息子の部屋の前まで来たところ、何か部屋から伝わってくる雰囲気がいつもと違います。

扉を開けるのが躊躇われました。

思いきって開けると、そこには。

「わっ!」という声とともに眼に飛び込んできたのは、ヌード写真を観ながら自分のモノを扱いている息子の姿。

もう少しで射精するところだったらしく、天を向き激しく脈打っていました。

怒る訳にもいかず・・。

なんと声をかけていいのか迷い、気まずいまま呆然として固まっていました。

二人の息づかいだけが聞こえる部屋の中で、どれだけの時間が経過したのでしょうか?

実際は、ほんの2,3秒であったと思います。

最初に沈黙をやぶったのは息子でした。

口をひらいて出てきた言葉は、予想だにしなかった言葉。

「ママの事が好き。」

「セックスしたい、初めての相手はママがいい。」

その言葉が私の耳に届く。

全身から力が抜けて、思わず私は息子の足元にへたり込んでいた。

息子が生まれてからというものは、主人と夜の生活はしておらず、最愛の息子から告白され、目の前には息子=若い男の性器が勃起している。

魔が差したのか。

それとも主人に構って貰えない女の性がそうさせたか。

次の瞬間。

自分自身、信じられない行動にでていた。

父の暴力に泣いていた母を慰めるうちに抱きしめ合い結ばれた

僕が学校の授業を終え帰宅すると、両親の寝室からすすり泣く声が聞こえたのです。ドアを開けると真っ暗な部屋で母がシクシク泣いていました。

僕は母の側に行き「どうしたの?母さん!」と聞きましたが、母は何も答えず座って窓の外を焦点の定まらない目で見ていたのです。
何かあったことはその場の雰囲気で察しがつきました。父の暴力だと直ぐに感じました。

どうして母は離婚しないのか不思議でたまりません。僕が高校を卒業するまではとおそらく我慢しているのです。そんな母が可哀相でしかたありませんでした。
真っ暗な部屋で僕は母に「母さんもうがまんしないで別れたら?」と言いました。しかし母は言葉を濁すだけでした。

「カズちゃん優しいのね・・」
僕は何故か返答出来ず母の顔を見つめていました。
母と目と目を合わせているうち、どちらからともなく抱きしめ合ったのです。きっと母は淋しかったのでしょう。

強い力で僕をぎゅっと抱きしめ「こんな母さんでごめんね・・・」切なそうに言いました。
僕はただ母を見つめるだけでした。抱きしめていると母がひとりの女に思えたのです。自然に母の唇に自分の唇を重ねました。何の違和感もなくキスしました。

母も初めは唇を合わせるだけでしたが次第に濃厚なキスに変り、舌を合わせるキスになり畳の上でもつれあうようにキスを続けました。
僕の下半身も興奮して勃起してしまい、それに母が気づきました。母の太腿にあたっていたのです。

母は僕の制服の上着を脱がしワイシャツ、肌着も脱がしてくれたんです。そして僕の胸、肩喉わき腹にキスをしてくれました。
母は無言で僕のズボンとブリーフを脱がし、下半身に顔を近づけ優しく僕のものを握ってくれました。

(続きは下記のリンク先で)

父が亡くなった後、1人で俺を育ててくれた母親に童貞をささげた

「光ちゃん、そうよ、、、。お母さん、そこが感じるのよ、、、。すごく上手よ、、、。いっぱい、、、いっぱい舐めて、、、。」 
「母さん、、。俺、またイキそうだよ、、、。こんなに何回もイッテも大丈夫なのかなあ?俺おかしくなっちゃうよ!」

話は、さかのぼること、俺(光一)が高校1年のとき。両親は俺が小学5年のとき、父が病気で亡くなってしまい、それから、俺と母(美由紀 当時31歳)との2人での生活が始まっていた。小学生ながらも、平日の昼間働きながら俺のことを育ててくれる母に、何とか、自分がしっかりしなきゃと、家事を手伝ったり、一緒に食事の用意をしたりと、何とか仲良くつつましく生活していました。そして、中学に進学したときには、俺も自分で何でもやるよ!見たいなことを言って、大人な振りをしていました。
実は、小学校の間は母親と2人同じ布団に入って寝ていたのです。それだけでなく、お風呂も一緒でした。それが、中学になり、なんとなくそのことが恥ずかしいかも、と思うようになり、そんなことを言っていたんだと思います。

それが、高校に進学し、そのとき仲良くしていた同級生の女子を家に連れてきて母さんに紹介したとき。一瞬、母さんの態度が硬直し、彼女を嘗め回すように上から下までにらんでいたように見えたのです。まだ、友達程度で、お互い身体の関係まであったわけではありません。それでも、高校生です。部屋で、一緒に勉強していたとはいえ、途中で飽きてきて、なんとなく、2人隣同士に座り、服の上から触りあいっこして、さらにキスまで、、、。お互い、初めての経験で、たいしたことをしているわけでもないのに、興奮し、いつしかエッチな声が部屋から漏れ始めてしまっていたのです。 
それに気づいた母さんは、部屋の外から、ことの始終を監視。そして、部屋に入り、俺たち2人をきつくしかったのです。俺は、彼女と2度と一緒に遊んだりすることを止められました。そのときは、納得がいかず、初めて母さんに怒りを覚えました。 
理由はそのときはわからなかったのですが、20歳でできた1人息子。しかも、父が亡くなり1人で育てているという中で、他人に俺のことを取られたくなかったようです。親子なのに、、、。

そして、ある日の夜。夕食を終え、一緒に片付けしお風呂の用意ができました。いつもどおり、俺が先にお風呂に入りました。頭からシャワーをかけ、シャンプーで前が見えない状況で、お風呂の扉の開く音だけがかすかに耳に入ってきました。気づいたときには、何も着ていない真っ裸の母さんが目の前に座っていました。 
「お父さんがいなくなって母さん決めてたの。光ちゃんを、一人前の男にするのは母さんの役目だって。だから、光ちゃんの初めての女は絶対母さんでなきゃいけないの!あんな、男のことを知らない、オボコい女に光ちゃんの初めてを奪われるわけにいかないの!大人の女の身体見るの初めてでしょ!ねえ、隅々いっぱい見て!いやらしい目つきで見て!光ちゃんはどこが好き?脚?お尻?それとも、おっぱい?今なら、全部見れるのよ!」 
俺は今何が起こったのか理解するのに時間がかかった。でも、あの時玄関での母さんのにらむような目つき、部屋で俺たちをしかりつけたときの目つきが少し理解ができてきた。そして、母さんが言ったように、上から下までゆっくりと目線をずらし、大人の女の裸を凝視していった。 

息子の高校合格祝いの旅行で寝ているところを息子に襲われた

息子が希望の高校の入試に合格して、お祝いに東京の遊園地に出かけた時のことです。

昼前について大はしゃぎで遊び、ホテルにチェックインして、夕食を済ませて、お風呂に入りました。

その後はベッドにゆったり、楽しい一日でぐっすり眠れる感じ、久しぶりに落ち着ける時が来た様で。 

目を閉じたら眠りに入ってしまったようで、何か身体が動かされてる様な、パジャマの下を脱がされてる。

「えっ、なに?」

意識を戻せば、人影が私のズボンを脱がそうとしてる。

「だっれ?」って、ここはホテルの部屋、息子しか居ないはず。

まさか・・・

「なぁに、なにをしてるの!」

「やめなさい!」

「ばか、なにをしてるの!」

驚くことよりも慌てて息子に抵抗して、息子の手に爪を立ててまで抵抗しても、息子はひるまずに向かって来ます。

下着ごとパジャマのズボンを引き取られてしまいました。

「やめなさい、なにを、ばかな、」

「やめなさい、」

足をバタつかせ、蹴っ飛ばすように繰り返していた私の足が息子のお腹に当たったのか、息子はベッドから飛んで行くように落っこちました。

「ドン」と、鈍い音がして、明かりをつけて見れば、息子は床に倒れていています。

先ほど以上に慌てて息子の所に行き、「大丈夫?なんともないの?」

「大丈夫?」

息子の怪我の心配をしてる私は、下半身が丸出し。

息子はまたもや突然に飛びかかってきて、押し倒されるままに床に倒されました。

足を開かれて向かってくる息子、もがいても息子の力に抑え込まれて拒むことが難しい状況です。

「やめなさい、ばか、ばか、」

叫ぶ私が目にした息子のペニス。

最高の母(近親相姦:44歳女盛りの母と念願のセックス)

ついこないだ念願の母とのセックスをした。
44歳、全然女盛りだった。今は母と二人暮らしだ。
ずっと前から、タンスを開けては、下着を引っぱり出し、一人でしていた。
きっかけはテレビの番組だった。2人とも仕事で、とても疲れていた。
(そういうときってしたいよね・・・)その番組は、ある女性の下着メイカーの人が、
道ばたで歩いている人をつかまえて、胸を触り、バストのサイズを当てるというものでした。

その女性は、見事に当てていったので、びっくりしました、が、突然、母が、
「私今いくつなのかなあ?最近計ってないわ・・・」
なんていいやがりました。すかさず、冗談で、
「ほんなら俺触ってはかってみよっか?あのひとみたいに?」
なんて言ったら、こっちを向いてきました。母は少しお酒を飲んでいたので、
とろんとした目で、「どれくらいかなあ?」といったので、
「どれ?!」、といって、”計って”みました。

「んーー、80!」と言うと、「もっとあるよ!」なんて、ムキになって、
トレーナーを脱いで「はい計って!」と言ってきました。
「ちょっと待てよ!まじかよ!」と思いましたが、見た感じ85ぐらいありそうなその胸に、負けて、下着の上から触ってみました。薄いピンクのそのブラの谷間の眺めは最高だったので、ついついそこを触ってしまいました。やわらかかった・・
「あーんもーーれいちゃんのえっち!」
「しょがないじゃん、ここにあるんだから!」
と、わけわからんいいわけをして、気付いたら、もろにたっていました。
「あーこんなにたってるーーー」
気づいた時を遅く母はすでに手を伸ばしていました。ジッパーをおろされ、
ものを巧みに出し、はりちぎれんばかりのものの、先をぺろっと舐めてきました。

アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ